Windows Terminal設定ファイル

前回は、Windows10の新機能Windows Terminalの導入要領を書きました。
今回は、Windows Terminalの設定ファイルとWSLのインストールで追加したLinuxディストリビューションを追加する方法について書きたいと思います。

設定ファイルのパスは以下になります。

C:\Users\$USER\AppData\Local\Packages\Microsoft.WindowsTerminal_8wekyb3d8bbwe\RoamingState\profiles.json

Windows Terminalからは、メニューから「Settings」を選択、または、[Ctrl]+[,]のショートカットキーで、使用する任意のアプリを選択し、開くことができます。

設定ファイルは、3つのセクションに分かれています。

globals・・・共通的な設定
profiles・・・起動するプログラム設定
schemes・・・カラースキームの設定

それぞれの細部設定の一部です。

globals
項目説明
defaultProfile起動時、タブを増やしたときに表示されるデフォルトプログラム
initial[Cols | Rows]起動時のウィンドウサイズ
keybindingsショートカットキー設定
profiles
項目説明
colorSchemeschemsセクションのnameの値を指定することでカラースキームを設定する
commandline起動プログラム
guid起動プログラムのGUID
iconタブやメニュー一覧に表示するアイコンファイルのパス
nameメニュー一覧に表示する名前
schemes
項目説明
background背景色
foreground前景色
nameカラースキームにつける名前。デフォルトでいくつか用意されている。

WSLでインストールしたディストリビューションのKali LinuxとUbuntuをWindows Terminalに追加します。

追加には、基本的に今あるprofilesの1つをコピーして、上記表(profiles)セクションの設定値を変更します。

その中で必要となるGUIDの確認方法です。

1つ目は、[Windows]+[R]キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」が表示されるので名前欄に「regedit」と入力して「OK」を選択し、「レジストリ エディター」を表示します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Lxss
に移動すると、その配下のフォルダ名がGUIDになります。

2つ目は、PowerShellのコマンドで取得します。

「PSChildName」列の値がそれぞれのGUIDになります。

取得したGUIDを「guid」の設定値に指定します。

「commandline」の設定値は、以下のパスに実行ファイルがあるのでそのexeファイル名を指定しています。
C:\Users\$USER\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\
にアクセスするとその配下に
kali.exe
ubuntu.exe
wt.exe
などがあります。
※ちなみにwt.exeはWindows Terminalです

「icon」は、今回見つけることができなかったので空欄にしています。設定するファイルはpngファイルなので適当な場所に準備するとできるかもしれません。

「name」には、メニュー一覧で表示したい任意の名前を設定します。
今回は、そのまま「Kali-Linux」「Ubuntu」としています。

入力後、保存すると設定が反映されます。

メニューに追加され、ショートカットキーも割当てられています。

それぞれ、問題なく起動することができました。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。