Cactiインストール(その2)

グラフのHTML化

グラフをHTML化して、外部から確認できるようにする。その際、パスワードによるアクセス制限をかける。

Apacheの設定
# mkdir /var/www/cactihtml ← HTML作成先ディレクトリ作成

# chown cacti:cacti /var/www/cactihtml/ ← HTML作成先ディレクトリ所有者変更

# echo Alias /cactihtml /var/www/cactihtml > /etc/httpd/conf.d/cactihtml.conf ← Apache設定ファイル作成

アクセス制限をするディレクトリを設定ファイルに追加
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
<Directory /var/www/cactihtml>
AllowOverride All
Options IncludesNoExec ExecCGI FollowSymLinks
<Limit GET POST OPTIONS>
Order allow,deny
Allow from all
</Limit>
<LimitExcept GET POST OPTIONS>
Order deny,allow
Deny from all
</LimitExcept>
</Directory>

.htaccessファイルの作成
アクセスできるユーザーの登録
# vi /var/www/cactihtml/.htaccess
SSLRequireSSL
AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName “secret page”
AuthType Basic
require user ユーザー名

# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映
httpd を再読み込み中:????????????????????????????????????? [? OK? ]

10分後ぐらいにブラウザからhttps://サーバー名/cactihtml/へアクセスしてパスワードを入力し、グラフが表示されることを確認する。

 

続きはまた…。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。