バックアップ・リストアツール(Mondo Rescue)導入

サーバのOSやハードディスクのデータをイメージファイルとしてフルバックアップすることができ、 isoイメージを作成する機能もあり、ブート用のCD-ROM/DVD-ROMを作成することが可能なバックアップソフトウェアを導入する。

まず、必要なパッケージをインストールする。

#yum -y install mkisofs
(ISO-9660フォーマットのCD-ROMイメージファイル作成ツール)

#yum -y install cdrecord
(コマンドライン形式のCD-R/RWバーンソフトウェア)

#yum -y install dvd+rw-tools
(コマンドライン形式のDVD+RWバーンソフトウェア)

mondoパッケージのインストール
#yum -y install mondo

afio (ファイル移動用のユーティリティ、アーカイブエンジン)
buffer
mindi (CD-ROMとメモリだけで動くLinux miniディストリビューション)
mondo (バックアップ・リストアツール)

高速圧縮ツールのインストール
#yum -y install lzo lzop
lzo (高速圧縮ライブラリ)
lzop (高速圧縮ユーティリティ)

バックアップの実行
# mondoarchive -Oi -g -L -N -s 4200m -d /home/backup -E /home/backup
(/home/backupディレクトリにisoファイルを作成)

# mondoarchive -Ogr -d 0,0,0 -s 4700m -F
(DVDへのバックアップ)

※SCSIアドレスはコマンド、# cdrecord -scanbus 、# dvdrecord -scanbusで確認できる

# mondoarchive -Og -F -d /dev/hdc -c 4 -s 640m
(CDへのバックアップ)

# mondoarchive
(対話的バックアップ)

・オプション
-O システムファイルをCD、テープ、ISOイメージ、NFSマウントにバックアップする
-V 現在のファイルシステムとバックアップイメージを比較する
-i ISOイメージを作成する
-D 差分バックアップを実行する
-E [パス] バックアップから除外するディレクトリを指定する
-l [パス] バックアップするディレクトリを指定する
-d [バックアップ先] バックアップ先(ディレクトリやデバイスなど)を指定する
-g 進捗状況をGUIで表示する
-s [サイズ] バックアップメディア容量を指定する(700mや4gのような指定も可)
-F フロッピーディスク用のイメージを作成しない
-L lzoを利用して圧縮する
-N ローカルディスクのみをバックアップ対象とする

リカバリの実行
自動的にハードディスクをフォーマットして、バックアップデータをリストアする
boot: nuke ramdisk_blocksize=1024

リストア元などを対話的に指定する
boot: interactive ramdisk_blocksize=1024

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。