右肩関節唇損傷

3月にスキーで肩を痛めてから、ひと月程痛みが引くのを待っていたが段々酷くなって、可動域が狭くなり寝返りをするのも辛くなってきたので4月の末に病院に行くと、右肩関節唇損傷と診断された。

細部はっきりさせるのに、MRIを5月の連休明けに撮って診察を受けるとやっぱりそうで、画像で12時から3時にかけて剥がれているのが確認できた。

関節唇損傷は、スポーツをする人に結構多いらしくそれで痛みを伴うことはあまりないようで、私のように動かす角度によって抜けるように激痛が走るのは関節が固くなっているのもあるようで、

取り敢えずリハビリで関節を軟らかくすることに…。

 

それで良くなればいいのだが、ダメなら手術をするらしい。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。