CentOS6.4にWineのインストール

WineとはWindowsアプリケーションをそのままLinux環境で動かすためのツール群らしい。
(詳しくはこちら

インストールする経緯は先日購入したネットワークUSB HUBを使用したいから…。

他にもVPSサーバに接続するにも使い慣れたTeraTermがいいので、使えたらなぁ…。といったところ。

早速、インストール
# yum install wine

これだけ。
のはずだが、途中で/tmpが一杯だというメッセージが…。とりあえず無視してインストールを完了
(/tmpについては後日処置することに…)

インストール後にバージョンを確認すると
# wine –verison
wine-1.2.3

となっていた。

次に動かしたいWindowsソフト(まずはTeraterm)をダウンロードして保存
(私はホームディレクトリに「Win_soft」というディレクトリを作成しその配下に保存した)

そして、起動

$ wine Win_soft/terterm/ttermpro.exe

すると見事Teratermが起動した。

次に本命のネットワークUSBハブのUSBサーバソフトウェアをインストールしてみたが、インストールはされるが肝心のUSB機器が検索表示されず使用はできない状態だった。

それについてもまた後日色々やってみよう…。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。