MariaDBのアップデート(10.6.3)

VPSのCentOS7のデータベース「MariaDB」を最新バージョンの「10.6.3」GA(General Availavility)版が2021.7.6リリースされたのでアップデート

10.3.30 ⇒ 10.6.3

◆リポジトリ設定

MariaDBの公式サイトのブログ記事「CentOS 7 に MariaDB Community Server 最新版をインストール」を参考にリポジトリ設定スクリプトを実行

・リポジトリ設定スクリプトの実行
# curl -sS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | bash
・リポジトリ設定ファイルの確認
# cat /etc/yum.repos.d/mariadb.repo
[mariadb-main]
name = MariaDB Server
baseurl = https://dlm.mariadb.com/repo/mariadb-server/10.6/yum/rhel/7/x86_64
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/MariaDB-Server-GPG-KEY
gpgcheck = 1
enabled = 1

[mariadb-maxscale]
# To use the latest stable release of MaxScale, use "latest" as the version
# To use the latest beta (or stable if no current beta) release of MaxScale, use "beta" as the version
name = MariaDB MaxScale
baseurl = https://dlm.mariadb.com/repo/maxscale/latest/yum/rhel/7/x86_64
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/MariaDB-MaxScale-GPG-KEY
gpgcheck = 1
enabled = 1

[mariadb-tools]
name = MariaDB Tools
baseurl = https://downloads.mariadb.com/Tools/rhel/7/x86_64
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/MariaDB-Enterprise-GPG-KEY
gpgcheck = 1
enabled = 1

◆削除

・サービスの停止
# systemctl stop mariadb
・現バージョンのMariaDB-serverの削除
# yum remove MariaDB-server.x86_64
読み込んだプラグイン:langpacks, versionlock
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ MariaDB-server.x86_64 0:10.3.30-1.el7.centos を 削除
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=============================================================================================================================
 Package                        アーキテクチャー       バージョン                             リポジトリー              容量
=============================================================================================================================
削除中:
 MariaDB-server                 x86_64                 10.3.30-1.el7.centos                   @mariadb                 121 M

トランザクションの要約
=============================================================================================================================
削除  1 パッケージ

インストール容量: 121 M
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  削除中                  : MariaDB-server-10.3.30-1.el7.centos.x86_64                                                   1/1
警告: /etc/my.cnf.d/server.cnf は /etc/my.cnf.d/server.cnf.rpmsave として保存されました。
  検証中                  : MariaDB-server-10.3.30-1.el7.centos.x86_64                                                   1/1

削除しました:
  MariaDB-server.x86_64 0:10.3.30-1.el7.centos

完了しました!

1行目:「MariaDB-server」を削除する
28行目:設定ファイル「server.cnf」が「server.cnf.rpmsave」としてバックアップ

◆インストール

・MariaDB-serverのインストール
# yum install MariaDB-server.x86_64
読み込んだプラグイン:langpacks, versionlock
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ MariaDB-server.x86_64 0:10.6.3-1.el7.centos を インストール

~ 中略 ~

インストール:
  MariaDB-server.x86_64 0:10.6.3-1.el7.centos

依存性関連をインストールしました:
  MariaDB-client.x86_64                           MariaDB-common.x86_64
  MariaDB-compat.x86_64

完了しました!

1行目:「MariaDB-server」をインストールする
注:パッケージ名を「mariadb-server」と小文字にすると、標準パッケージバージョンの「5.5」がインストールされる
13,14行目:依存性関連パッケージもインストールされる

私は併せて、「yum update」を実行しました。

・インストールパッケージの確認
# yum list installed | grep MariaDB
MariaDB-client.x86_64            10.6.3-1.el7.centos        @mariadb-main
MariaDB-common.x86_64            10.6.3-1.el7.centos        @mariadb-main
MariaDB-compat.x86_64            10.6.3-1.el7.centos        @mariadb-main
MariaDB-devel.x86_64             10.6.3-1.el7.centos        @mariadb-main
MariaDB-server.x86_64            10.6.3-1.el7.centos        @mariadb-main

5行目:「yum update」することで、「MariaDB-devel」がアップデートされた

◆文字コード設定

# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf

[mariadb]
character-set-server=utf8

1行目:設定ファイル「server.cnf」を編集
4行目:「mariadb」セクションに文字コード設定を追加

◆起動

・自動起動設定
# systemctl enable mariadb
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.
・サービス起動
# systemctl start mariadb
・状態確認
# systemctl status mysql
● mariadb.service - MariaDB 10.6.3 database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
  Drop-In: /etc/systemd/system/mariadb.service.d
           mqmigrated-from-my.cnf-settings.conf
   Active: active (running) since 日 2021-07-11 17:46:14 JST; 4min 49s ago
     Docs: man:mariadbd(8)
           https://mariadb.com/kb/en/library/systemd/
  Process: 17806 ExecStartPost=/bin/sh -c systemctl unset-environment _WSREP_START_POSITION (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 17709 ExecStartPre=/bin/sh -c [ ! -e /usr/bin/galera_recovery ] && VAR= ||   VAR=`cd /usr/bin/..; /usr/bin/galera_recovery`; [ $? -eq 0 ]   && systemctl set-environment _WSREP_START_POSITION=$VAR || exit 1 (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 17706 ExecStartPre=/bin/sh -c systemctl unset-environment _WSREP_START_POSITION (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 17723 (mariadbd)
   Status: "Taking your SQL requests now..."
   CGroup: /system.slice/mariadb.service
           mq17723 /usr/sbin/mariadbd

~ 略 ~
・テーブルのチェックとアップグレード
# mysql_upgrade -u root -p
Enter password:

1行目:「mysql_upgrade」で、現バージョンとの互換性をチェックし、システムテーブルをアップグレードする

・サービスの再起動
# systemctl restart mariadb

1行目:システムテーブルのアップグレード後に再起動

・mysqlコマンドで接続確認
# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 5
Server version: 10.6.3-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> quit
Bye

1行目:「root」で接続
2行目:パスワードの入力
5行目:バージョンが確認できる
11行目:「quit」で切断

今回は、データベースのバックアップを省略しましたが、障害や不具合発生に備えて実施することをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。