食器洗い乾燥機水漏れ修理

先月、食器洗い乾燥機の下部から急に水漏れがするようになった。
一度、見てみたのだが漏れている箇所が特定できず、本体下部に漏れた水が溜まってそれが溢れているのだけは確認できた。
下部にゴムの水抜き栓があったので溜まっている水を抜くだけで保留し、しばらく乾燥機として使用していたのだが、乾燥した後でも漏れていました。

妻からも食洗器を使いたいからもう一度見てほしいと頼まれ、もう一度、本格的に取外して調べることに…。

使用機種は、National製のE46EW2
まず最初に本体がある下部のフロントパネルを外すと、電源や排水、給水用止水栓などがあるので、止水栓を閉めます。

取り外すために本体横のレールを止めてあるネジをまず外します。

本体を引き出しレールを奥に押し込むと本体が外れます。
しかし、給水や排水チューブ、電源等のケーブル等の余長があまりなく引っ張られるので注意します。
本体を外した際に同じ高さになるように下に台になるものを置くと良いと思います。
本体後ろが見えるように引っ張り出し、チューブ類を手で触りながら確認してみましたが、特定には至りません。
そこで、乾燥後にも漏れていたことから、排水部分に目星を付け、庫内に水を入れてみることにしました。
その際、下にバケツ等を置くのを忘れずに…。
すると、水が漏れているのが確認できました。

水漏れ箇所の拡大です。
左の白い蛇腹ホースから漏れているようです。

ホースを外して確認すると、劣化のためか亀裂が入っています。

とにかく特定できたので、長さ・経を図りホームセンターへ
因みに長さは35㎝・内径は18㎜でした。
耐熱性のものを探し、たどり着いたのはシリコンチューブでしたが、内径15㎜のものが最大でした。
多少伸びることを確認し、とりあえず買ってみることに…。
内径が小さいため、はめ込むのに多少手間取りましたが、何とか交換できました。

本体をレールに戻して、ネジを止め修理完了となりました。

交換前と同じような蛇腹ホースだと劣化して亀裂が入りそうなのでシリコンチューブへ交換するのがいいかと思います。
メーカーも最初からそうすべきでは?と思いますが…。

修理依頼すると、数万円はかかるであろうものが、今回はシリコンチューブ代855円で済みました。
特定できてよかったです。

もし、同じ症状で悩んでいる人がいれば参考になれば幸いです。
ただし、修理等は自己責任でお願いします。
あしからず…。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。