PHP & MySQLアップデート

WordPress 3.2.1にアップデートをしようとしたら、PHPのバージョンを 5.2 以降、MySQLのバージョンを5.0.15 以降にしなければならないようなのでそれぞれ

PHP 5.3.8

MySQL 5.5.17

にアップデートした。

googleで検索すると、方法が見つかったので、やってみた。

PHPのアップデート
# wget -q -O – http://www.atomicorp.com/installers/atomic.sh | sh
# yum upgrade

この2個のコマンドだけ。

その後、Apacheを再起動する。

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

アップデート後、PHPのバージョンを調べると、

# php -v
PHP 5.3.8 (cli) (built: Sep 30 2011 20:23:54)
Copyright (c) 1997-2011 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2011 Zend Technologies

更にブラウザで確認するためPHP用のテストページを作成

# vi /var/www/html/test.php
<?php
phpinfo();
?>

バージョンが確認できた。

念のため 確認で、IPTables log Analyzerを表示してみると、ページが表示されず、phpのファイルの内容が表示されている。

どうやら、失敗か?

調べてもよく判らなかったので、別のサイトで発見した方法で、取り合えずPHPを再インストールと併せてMySQLのアップデートもしてみた。

まず、リポジトリの追加をする。

Les RPM de Remi リポジトリを追加

GPGキーをインポート1 [root@server ~]# rpm ?import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

リポジトリファイルを追加1 [root@server ~]# cd /etc/yum.repos.d
2 [root@server ~]# wget http://rpms.famillecollet.com/remi-enterprise.repo

remi リポジトリファイルを編集

# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

使用するときに有効にするため、
[remi]のenabled=1をenabled=0に変更する。

# yum -y -?enablerepo=remi update mysql* php*

インストールされ、再起動を実施した。

Apacheの再起動

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
# /etc/rc.d/init.d/mysqld restart
mysqld を停止中: [ OK ]
mysqld を起動中: [ 失敗 ]

[ERROR] /usr/libexec/mysqld: unknown variable ‘default-character-set=utf8’
[ERROR] Aborting

エラーが出てたので調べると設定ファイルの文字コードの表記が新しいバージョンだと違うらしいので、編集

# vi /etc/my.cnf

[mysqld]
default-character-set=utf8を
character-set-server = utf8

に変更

この後、もう一度再起動をして、問題なく起動した。

次に、無事に起動しましたが、mysql_upgradeコマンドを実行した方がいいらしいので実行した。
# mysql_upgrade -u root -p

その後、それぞれのバージョンを確認した。

PHPは問題なし。

MySQLのバージョン

# mysql –version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.5.17, for Linux (i686) using readline 5.1

無事アップデートできたようだ。

しかし再度、IPTables log Analyzerを表示したが、同じ症状だった。

この対処は、後日で処置することにした。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。