CentOS5.11にPHP5.6をインストール

VPSのCentOS5.11にYUMでPHP5.6をインストールしました。

remiリポジトリからインストールしますので、リポジトリを追加していない場合はリポジトリのインストールをします。
リポジトリのインストール方法については、「YUMの再インストール」の記事に書いています。

まずは、パッケージのリストを確認します。
公式リポジトリを有効にしたままremiリポジトリで検索しても、公式リポジトリから取得しますので無効にしてremiリポジトリのみ有効にして検索します。

# yum list --disablerepo=* --enablerepo=remi,remi-php56 php

Available Packages
php.x86_64                            5.6.14-1.el5.remi                  remi

PHP5.6がremiリポジトリから見つかりました。
では、インストールします。

# yum install --disablerepo=* --enablerepo=remi,remi-php56 php

~ 略 ~

Installed:
  php.x86_64 0:5.6.14-1.el5.remi

Dependency Installed:
  libcurl.x86_64 0:7.29.0-19.el5.remi
  libssh2.x86_64 0:1.4.3-8.el5.remi.1
  php-cli.x86_64 0:5.6.14-1.el5.remi
  php-common.x86_64 0:5.6.14-1.el5.remi
  php-pecl-jsonc.x86_64 0:1.3.9-1.el5.remi.5.6
  php-pecl-zip.x86_64 0:1.13.1-1.el5.remi.5.6

Complete!

依存関係のパッケージとともにインストールされました。

phpのバージョンを確認します。

# php -v
PHP 5.6.14 (cli) (built: Sep 30 2015 14:15:35)
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

phpinfo()も表示されることを確認します。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。