SambaをGUIで管理(SWAT)

SambaをWebブラウザで管理することができるツールSWAT(Samba Web Administration Tool)をインストールする。

# yum -y install xinetd samba-swat
   ~中略~
インストール:
  samba-swat.i686 0:3.6.23-12.el6
  xinetd.i686 2:2.3.14-39.el6_4

完了しました!

1行目:xinetd(スーパーサーバ)とSWATをインストール

# vi /etc/xinetd.d/swat

only_from       = 127.0.0.1 192.168.10.240/28

disable         = no

1行目:SWATの設定はxinetd用のSWAT設定ファイルを編集する
3行目:アクセスを許可する内部ネットワークを追加
5行目:disableパラメータをnoにすることでSWATが利用できるようになる

# /etc/rc.d/init.d/xinetd start
xinetd を起動中:                                           [  OK  ]
# chkconfig xinetd on
# chkconfig swat on

1行目:スーパーサーバの起動
3行目:スーパーサーバの自動起動設定
4行目:SWATの自動起動設定

4. WebブラウザのURL欄に「http://IPアドレス(ホスト名):901/」と入力しアクセスする
認証画面が表示されるので、任意のユーザでログインする。
SWAT00
SWATが表示される。(画面はユーザをrootでログインした場合)(ユーザによって設定できる項目が異なる)
SWAT01

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。