Windows8.1でスキャナを使う

Windows8.1のPCでスキャナを使えるようにした時のメモ

古くてそんなに使用頻度も高くないが勿体ないので使えるならと思い設定した。

CanonのCanoScan5200F

Canonのページでドライバを探したが、Windows8では現在のところ、対応していないようだったので、ドライバはWindows7用のシステムの種類(32bitまたは64bit)を選択して、ダウンロード&インストール
我が家には、それぞれの種類があり、両方で使用できることを確認した。

ただし、ドライバをインストールしただけでは使用することができなかった。

「rmslantc.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すと、この問題は解決できることがあります」
「TWAIN接続エラー。装置が接続されていないことが考えられます」

などと、エラーが表示されたため…。
対策方法を検索していると、見つけたので早速試した。

対処法:環境変数に追加する。

「C:\Windows\twain_32」の配下に「CNQ5200(私の場合…(4つの数字は環境によって違うよう!?))」というフォルダがあるので、
「C:\Windows\twain_32\CNQ5200」を環境変数の「Path」に追加するとOK

我が家の場合、64bit版は上記対処をしなければ使用できなかったが、32bit版はそのままで使えました。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。