CentOS6.5のJDK手動アップデート

CentOS6.5にインストールしているJDK(Java SE Development Kit)を手動でアップデートする。

◆インストール済みJDKのバージョンの確認
# rpm -qa jdk
jdk-1.7.0_45-fcs.i586

◆最新版JDKのダウンロード
Javaのダウンロードページから、最新のJDKの「DOWNLOAD」をクリック
任意のプラットフォームとファイルの種類を選択し、ダウンロードする。
今回は、「Linux x86」の「jdk-7u51-linux-i586.rpm」を選択する。

ダウンロードしたファイルは任意のディレクトリに移動する。
今回は、「/tmp」にした。

◆JDKのアップデート
Javaがインストールされテイルディレクトリへ移動
# cd /usr/java
# rpm -Fvh /tmp/jdk-7u51-linux-i586.rpm
準備中…                ########################################### [100%]
1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files…
rt.jar…
jsse.jar…
charsets.jar…
tools.jar…
localedata.jar…
jfxrt.jar…
plugin.jar…
javaws.jar…
deploy.jar…

確認すると、バージョンがあがっている。
# ls -l
lrwxrwxrwx 1 root     root            16 11月 26 20:52 2012 default -> /usr/java/latest
drwxr-xr-x 8 root     root          4096  1月 31 15:27 2014 jdk1.7.0_51
lrwxrwxrwx 1 root     root            21  1月 31 15:27 2014 latest -> /usr/java/jdk1.7.0_51

# java -version
java version “1.7.0_51
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)

◆後片付け
ダウンロードしたファイルの削除
# rm -rf /tmp/jdk-7u51-linux-i586.rpm

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。