SSL証明書更新エラー

SSL証明書の更新をcronで自動更新していたのですが、エラーが出ていてメールが届いていたのですが2か月様子を見ていました。
しかし、90日で期限が切れてしまうため対処しました。

エラーの内容は、過去記事「SSL証明書が期限切れ…」にも書いた内容と同じでした。

同じ要領で、python-pipのアップグレードをしてみました。
が、再度実行してみましたが同様のエラーとなりました。

色々調べましたが、よくわからず…
とりあえず、これも過去記事「SSL証明書の更新」同様に手動で更新しました。

そういえば、手動更新する際には「certbot」コマンドを使って更新できているのに、「certboot-auto」コマンドって使う必要あるのか?
と思い、調べたのですがどちらも使っている記事があったり、明確にどう違うのかがわからない中、CentOS6は「certbot-auto」、CentOS7は「certbot」を使うという記事も見つけました。

とりあえず、「certbot-auto」コマンドでは失敗してしまうので、cronを「certbot」コマンドを使うように修正しました。

毎月1日0時5分にオプション「–force-renewal」により、即時更新し、オプション「–post-hook」で、「httpd」のリロードをするように実行しています。

この内容で、一度手動更新してみて問題なく更新されることを確認しました。
来月1日にも問題ないことと思います。

さて、「certbot-auto」は必要なのか…

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。