CentOS6.6にSambaのインストール

LAN環境でファイル共有するためにSambaをインストールする

1行目:Sambaアクセス用のユーザをログイン不可で新規作成(ユーザ名(例):samba)
2行目:作成したユーザsambaのパスワード変更
8行目:作成したユーザをSambaアクセスユーザとして新規登録

1行目:共有ディレクトリの所有者を変更

1行目:設定ファイルを開く
5行目:【追加】Linuxでの日本語文字コード設定
6行目:【追加】Windowsでの日本語文字コード設定(MS-DOS日本語SJIS)
9行目:【変更】Windowsのワークグループ名に変更
11行目:【追加】アクセス許可するセグメントの追加
14行目:【変更】クライアントからプリンタのブラウズを不可
15行目:【追加】プリンタ共有を不可
18行目:【以下を最終行に追加】共有するセクション設定(名前は任意)
23行目:アクセスできるユーザをゲストに限定
24行目:ファイル作成時のパーミッションをフルアクセスにする
25行目:フォルダ作成時のパーミッションをフルアクセスにする
26行目:ゴミ箱の機能を有効化
27行目:ゴミ箱のディレクトリ名
28行目:ディレクトリ構造を維持せずにゴミ箱へ移動する
29行目:同名のファイルがゴミ箱に存在する場合、別名で移動する
30行目:ファイルがゴミ箱に移動された際、タイムスタンプを変更しない
31行目:ゴミ箱に移動するファイルサイズに上限を指定しない
32行目:ゴミ箱に移動せずに削除するファイルを指定

1行目:Samba起動
3行目:nmb起動
5行目:Samba自動起動設定
6行目:nmb自動起動設定

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。