Windows10のLibreOffice(6.0.6.2)アップデート

Windows10にインストールしているLibreOfficeを最新安定版にアップデート
5.4.6.2 ⇒ 6.0.6.2

アップデート方法は過去記事と同様だが、一部対処が必要な箇所があったので情報として…。

バージョンが6となったのでインストーラ画面はこんな感じ。


順調にインストールが進めば、本体のインストール完了

日本語ヘルプパックのインストール


私の場合、本体もそうだったがこの画面のようにアンインストールされるインストールパッケージの場所を指定する画面が表示された。
これは、アンインストールされるバージョン(5.4.5)のmsiファイルを削除していたため、見つからないことで表示されます。
解決法として、簡単にもう一度該当バージョンのmsiファイルをダウンロードして回避しました。
ダウンロードサイト
各バージョンが入手可能です。
ダウンロード後、保存先を指定してインストールを進めます。

無事、インストールが完了しました。

他にも方法はありそうですが、今回は手っ取り早く上記の方法で対処しました。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。